堤駿斗(つつみはやと)は井上尚弥を超える逸材!?今までの戦績は?

情熱大陸【堤駿斗/己の拳を武器に!東京2020金メダル目指す20歳のボクサー】

2020年3月15日(日)  23時00分~23時30分放送。

今回の放送では、ボクシング日本代表候補の堤駿斗(つつみはやと)に密着。

巷では、MONSTER井上尚弥を超える逸材との声を聞きました。

20歳ということなので、まだ学生さんでしょうか?

日本のボクサーでは、井上尚弥さんが好きで毎回試合を観ています。

堤さんは、その井上選手を超えるほどの逸材なのか!?

戦績なども見ていきましょう。

スポンサーリンク

堤駿斗

名前:堤駿斗(つつみはやと)

生年月日:1999年7月12日

年齢:20歳

出身:千葉県千葉市

高校:習志野高校

大学:東洋大学、ボクシング部

身長:171cm

体重:56kg

階級:バンダム級

今は、東洋大学に通われる大学生なんですね。

小学生の時は空手をやっており、同じジムには那須川天心さんがいたそうです。

中学生からは、ボクシング1本に絞ってます。

井上尚弥を超えるほどの逸材?

堤選手は派手さはないものの、安定したボクシングをされています。

理想はパンチをもらわないように、的確に打つことを目標にしているそうです。

昔一緒に練習をしていた、那須川天心は才能を見抜いていた!

パンチの才能があり、ボクサーに転身したら上に行くと思っていた。

一番身近に練習してきた天心さんが言うと、説得力がありますよね。

そして、尊敬する井上尚弥と。

スパーリングして言われたことは、日本でいちばん反応がいい。

今のままでいい、言うことない」と!

井上尚弥選手からも、太鼓判をもらいました。

二人の天才、那須川天心と井上尚弥から認められる存在のようですね。

スポンサーリンク

今の目標

堤選手の目標は、東京オリンピックで「金メダル」を獲ること。

オリンピックが東京で開催されることは、なかなかないし経験にもなる。

オリンピックに出るのは今回が最初で最後で、将来の目的である「プロ」を目指すそうです。

村田諒太さんみたいに、金メダルを獲ってプロでも活躍してほしいですね。

戦績

そして、戦績はどうでしょう?

第70回国民体育大会少年の部フライ級優勝

第28回全国高等学校ボクシング選抜大会フライ級優勝

平成28年度ASBCアジアユース選手権フライ級優勝

平成28年度全国高等学校総合体育大会フライ級優勝

AIBA世界ユース選手権フライ級優勝

第29回全国高等学校ボクシング選抜大会フライ級優勝

平成29年度ASBCアジアユース選手権バンタム級優勝

平成29年度全国高等学校総合体育大会フライ級優勝

第72回国民体育大会少年の部バンタム級優勝

第87回全日本選手権バンタム級優勝

第1回山根杯争奪戦バンタム級優勝

コンスタンチン・コロトコフ記念国際トーナメント57kg級優勝

第89回全日本選手権57kg級優勝

wikiより引用

2016年には、世界ユース選手権で日本人初優勝。

世界ユース選手権は、井上尚弥さんも獲れてないそうです。

2017年には、井上尚弥さん以来の高校6冠を達成されています。

東洋大学のボクシング部キャプテンでもある堤さん、最優秀選手賞も獲得!

数々の大会で優勝され、オリンピック候補として期待されている堤さんです。が

3月3日のアジア・オセアニア予選

相手はフィリピンのイアン・クラーク・バウチスタ。

残念ながら、1回戦で惜しくも判定負け(2-3)でした。

今回は、オリンピック出場枠の獲得は逃しましたが、

5月にパリで開催の、世界最終予選の活躍を期待する声が多かったです。

以下みんなのコメントです↓

まとめ

堤駿斗(つつみはやと)さんについてでした。

次のパリでの世界最終予選では、必ず勝ち残り「東京オリンピックの切符」を掴んでほしいですね。

そして目標の「金メダル」を獲り、さらなる活躍を見たいです。

最後までありがとうございました。

こちらも読まれています↓

元少年院法務教官の武藤杜夫の経歴は?沖縄で設立した「日本子供みらい支援機構」とは!

福田萌子は肉好き女子?スタイルはどうやって維持してるか気になる!【今くら】

饗場空璃(あいばそらり)の自宅は水族館!?どこの高校かも気になる! 【志村どうぶつ園】

加藤優子は祭り専門家?経歴やインスタ画像も気になる!【BACKSTAGE】

大相撲初場所(十三日目)の 炎鵬ー阿炎戦の炎鵬がスゴイと話題!

スポンサーリンク